丹波市の税理士 足立和彦税理士事務所

ご挨拶

 丹波市の税理士足立和彦でございます。
 税理士の使命として、税理士法第一条に「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」とされています。

 

 個人事業主の方や会社経営者の方は、事業経営に頭を悩ますだけでなく、毎年、正しい確定申告を行うため、日々の記帳から始まり、書類の保存、申告書等の作成と多くの時間を要し、また、申告の際には、節税は適法か、誤りはないか、といった気苦労があると思います。
 税理士として、そのような気苦労やストレスを、少しでも緩和するお手伝いをし、身近な相談相手として、皆様方のお役に立てればと思います。
 また、既に税理士さんと顧問契約を締結されている方で、
 @ 顧問報酬が高いのではないか
 A 性格的にどうも合わない
 B 税理士と話す機会がなく、事務員さんとしか話をしない
 C 他の税理士の意見を聞いてみたい
といったことがあれば、ご遠慮なく、お気軽に声をかけてください。


 

税理士報酬・料金について

 税理士に記帳業務や税務顧問を依頼したいが、報酬が高いと思っておられる方は、次の「青色申告特別控除の適用」を例に見てください。
 税理士報酬は本当に高いのでしょうか。税理士に依頼するか否かの判断材料の一つとして考えていただければと思います。

 

青色告特別控除の適用(個人事業主で国民健康保険加入者)
  税理士に依頼しないで簡易な帳簿を記帳・・・・・・10万円
  税理士に依頼し正規の簿記(複式簿記)で記帳・・・65万円  差額  55万円

 

《課税所得金額の差額55万円が税金等に影響する額》

課税所得金額 ⇒

〜195万円未満

195〜323万円未満

323〜695万円未満

所得税額 

27,500円

55,000円

110,000円

地方税額(県・市) 

55,000円

55,000円

55,000円

国民健康保険 

72,300円

72,300円

72,300円

合 計 減 少 額

154,800円

182,300円

237,300円

※ 国民健康保険は、丹波市の所得割合計(医療・支援・介護)13.15%で計算。

 

 

  税理士の報酬・料金に決まった金額はなく、顧客と税理士の間で、事業規模、関与度合、訪問回数などを基準に決めることになりますが、税理士事務所の経営方針、地域性(大都市・地方)によっても異なっており、インターネットで調べると下記のような金額設定が多いようです。
 参考:インターネット上での報酬相場

区  分

月額顧問料

申告決算料

年間顧問料

個人事業

1万円〜

5万円〜

17万円〜

法  人

2万円〜

12万円〜

36万円〜

 

 青色申告特別控除の適用のように税理士に依頼することによって節税できる額、そして、節税だけでなく記帳業務や税務に関する煩わしさから緩和され事業に専念できること、経営に関する様々な相談ができるメリットなどを考えると、税理士報酬は思ったより安いのではないでしょうか。

当事務所の報酬について

 当事務所は税理士1名の事務所です。お客様のご要望をお聞きしながら、ご相談の上、顧問報酬を決めさせていただきます。
 また、顧問契約を締結しないで特定期間や特定業務を依頼したい方も一度ご相談ください。
 当事務所の顧問報酬・料金の目安


トップページ 業務内容 相続税・事業承継 税のセカンドオピニオン 事務所概要